ロゴイメージバイアグラ奮闘記

サイトイメージ

勃起不全の原因は何?どうして男性器が勃たなくなるの?

インポの原因とは

バイアグラが必要な勃起不全の原因とは?

日本では、中等度以上の勃起障害の症状を抱えている人が少なくありません。勃起障害は、EDとも勃起不全とも呼ばれています。

軽度の勃起障害の場合、成人男性の3割近くの人が該当すると考えられています。40歳以上になると、勃起障害を発症する男性の割合は増え、60歳以上になると約5割の人が勃起障害を自覚しているというデータもあります。

勃起障害の原因は、人によって異なります。ただ、若い男性の場合は、仕事や家庭のストレスなどが原因の心因性の勃起障害を発症する人が多いです。

体が健康であると同時に、精神的にも元気でないと性行為の際に問題が起こることが増えます。

心因性の勃起障害は、体が原因となる器質性の勃起障害に比べて原因が多岐にわたります。ですから、まずは原因を解決することが大切なのです。

日本では、うつ病の患者が増えていますが、うつ病も心因性の勃起障害の原因のひとつです。病気や体に受けたケガなどが原因で発症するのが、器質性の勃起障害です。

日本では、生活習慣病が社会問題となっていますが、器質性勃起障害の原因のひとつが、生活習慣病なのです。生活習慣病の代表的な病気だと言われているのが、糖尿病です。

糖尿病は、血液中の糖分の濃度が高くなる病気です。糖尿病の初期は自覚症状がないケースが多いのですが、時間がたつにつれて体の様々な部分に影響が出てきます。

糖尿病で怖いのが合併症で、症状が悪化すると危険な状態になることもあるので注意が必要です。糖尿病患者の多くが、勃起障害を発症しています。

男性の糖尿病患者の2人から3人に1人は、勃起障害の症状が見られます。血管に動脈硬化が出てくるのは、糖尿病の典型的な症状です。血液の流れが悪くなると、勃起機能にも大きな影響が出ます。

バイアグラをはじめPDE5阻害薬と呼ばれている勃起障害の治療薬は、心因性の勃起障害でも器質性の勃起障害でも使われます。バイアグラなどのPDE5阻害薬は、勃起を妨げる原因となるPDE5という酵素を阻害することで、勃起を持続させる効果が期待できます。

PDE5阻害薬が登場したことで、勃起障害に悩む多くの男性が勃起障害から回復しています。心因性の勃起障害の場合は、PDE5阻害薬による治療と並行して、カウンセリングを受けるケースもあります。

カウンセリングでは、専門家が時間をかけてケアしていきます。パートナーとの関係に問題がある場合は、カップルでカウンセリングを受けることもあります。


TOP