ロゴイメージバイアグラ奮闘記

サイトイメージ

バイアグラの50mgと100mgの二種類で何か差はあるのか?

バイアグラの種類に差はあるか?

バイアグラ100mgと50mgに差はある?

当然ながらバイアグラ100mgと50mgには差があります。海外では100mgが普通に流通していますが、日本では最大でも50mgなのです。なぜ100mgが存在しないかというと、日本人は身体が小さいので50mgで十分な効果を期待できるからです。

用量が大きくなるほど効果が高くなるのでよいと思うかもしれませんが、副作用も比例して大きくなります。50mgで十分な効果を発揮するなら、100mgを服用することはデメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

個人輸入で購入する場合は、海外のED治療薬を取り寄せることができますから、100mgの入手も可能です。ただし、100mgをそのまま服用すると強すぎますし、服用可能かどうかの判断はできません。日本では未承認の用量のため、100mgを利用する場合は分割して飲むようにしてください。

ピルカッターという錠剤カッターを使用し、2分割にすれば50mgの2回分として活用できます。50mgとして購入するよりも、100mgを分割したほうが1回分あたりの薬代は安くなります。

薬というのは大量に服用すればいいものではなく、自分に合った適量を摂取する必要があるのです。少量でも十分な効果を発揮できるなら、少量で服用するのが好ましいのです。副作用というのは主作用が強くなるほど比例的に強くなる性質があるので、自己判断で用量を増やすのはいけません。

一般的な市販薬を見ても、年齢によって用量が異なっていることが多いでしょう。身体が小さいほど少量でも効果を発揮してくれるので、用量が少なくなっているのです。

バイアグラの処方は50mgが中心であり、稀に25mgの処方を受けることがあります。用量とは関係なく習慣性はありませんから、いつでも中止することができます。ED治療の基本は薬物療法と生活改善であり、これらを並行して改善していくのです。

対症療法としてバイアグラを活用しながら、生活改善をしてEDを根本から予防していきます。30代~40代くらいでSEXが難しくなるほど精力が減退してしまう方がいますが、大抵の場合において生活習慣やストレスなどが関係しています。

規則正しい生活に変えることで、精力を上げられることが多いのです。生活改善では特に動脈硬化の予防が大切であり、肥満と血流改善が鍵となります。陰茎海綿体への血流が悪くなることで勃起障害が起こるので、全身の血流を改善していくことが大切なのです。


TOP