ロゴイメージバイアグラ奮闘記

サイトイメージ

バイアグラを飲んでいた時に出来た子供に悪影響はあるのか?

バイアグラ服用時の妊娠

バイアグラ服用時に出来た子供に悪影響は?

バイアグラ服用時にできた子供に何か悪影響はあるのでしょうか。つまり、この薬を飲んでセックスをしてパートナーの女性が妊娠した場合に、胎児に何か悪影響を及ぼす可能性はないのでしょうか。先に答えを言いますと、悪影響はありません。ですから安心してください。

薬と妊娠、そして胎児への影響に関しては、一般論としてあまり分かっていない部分も多いです。とくに女性の場合、どんな薬を服用しようとも、それは血中に入って全身を循環しますから、多かれ少なかれ胎児もそれにさらされることになります。

そのため、どんな薬であっても100%安全とはなかなか言い切れないのが現状です。これに対して男性の場合はちょっと話が異なります。男性の場合は、薬が全身を循環したところで、自分自身が子供を産むわけではありませんから、その点では直接の影響はありません。

影響があるとすればただ一点、精子そのものに何か影響を及ぼすような薬の場合です。例えば精子の数や運動機能に影響を及ぼすような薬であったとしますと、当然ながら妊娠しにくくなることが予想されます。

精子には男性から子供に受け継がれる遺伝子が入っていますから、もしその遺伝子を傷つけるような薬であったとしますとこれはかなり危ないことが予想できます。

バイアグラは確かにセックスにおいて服用される薬ですから、何か精子や精子をつくる精巣、さらには男性ホルモンに何らかの影響を及ぼすような薬ではないかと思われているかもしれませんが、そうではありません。

もしこのような精子や精巣機能に影響を及ぼすような薬であれば、妊娠に影響を与えたり、できた子供に悪影響を及ぼす可能性もありますが、バイアグラはそういうタイプの薬ではありませんから、悪影響はありません。

バイアグラというのは単に勃起を維持させるための薬であり、精子や精巣、男性ホルモンなどには何ら関係なく、単純に言うと血圧の薬に近いものです。

勃起は陰茎の血管が拡張し、血液が流入することで起きるのですが、血管を拡張させるための物質が分解されやすい人がいて、それで血液の流入が止まり、EDになってしまうのです。

この薬は血管を拡張させる物質を分解する酵素の働きを止めるだけです。分解酵素の働きを止めることにより、血管を拡張させ続けて、勃起を維持しようとするコンセプトの薬です。ですから血圧、血管に対する薬であり、ホルモンや精巣などに対する影響はないので、子供に悪影響はありません。


TOP